大容量の「ペレット」の保存方法

ペレット飼育用具・餌
ペレット

インコのペレットは日本製のものより外国製のものの方が有名で、実際に購入されている方も多いと思います。

しかし外国製のペレットは大容量で、小さいインコちゃんや1羽飼いのおうちでは余らせてしまいますよね。

そこで、我が家でのペレットの保存方法をご紹介したいと思います。

1袋消費するのに72日かかる

我が家では現在「ズプリーム」のナチュラルを使用しています。

この商品は1.0kg入りなのですが、開封後の保存期間は記載なしのようです。(どこかに書いてあるのでしょうか?見落としていたらスミマセン)

これを、ぴーたろう君(セキセイインコ)には毎朝4グラム、ぷーちゃん(オカメインコ)には毎朝10グラムを計量し、前日分は廃棄します。

この消費ペースだと、約72日かかる計算です。

72日ということは、2か月半ぐらいで消費できるので、もしかしたら、あまり神経質にならなくてもいいのかもしれません。

しかし、私はちょっと品質が気になってしまいます。

ズプリームの場合、セキセイインコ用とオカメインコ用の成分は同じで粒大きさが違うだけで、うちの場合は2羽ともミルで挽いたものをあげているので同じものをあげています。

包装がビニールであれば直接シールするのがおすすめ

さて保存方法ですが、まず100均に売っているパスタや飲料を入れるボトル容器に小分けにしそちらは冷蔵庫に保存します(冷蔵庫じゃなくていいと思いますが気分的に)。

そしてさらにそのボトル容器からミルに入れて、ミルの中身が無くなったらボトル容器から補充、という感じです。

商品の本体に残っている分は、Amazonで購入したシーラー(袋の口を熱で圧着する機械)で密閉して、冷凍庫に保存しています。

包装のビニールにしわがあるとうまく密閉できなかったり、とコツはあります(;’∀’)

包装がアルミのときは別売りの袋に小分けにする

さてこちらのシーラー、販売価格はピンキリですが、私は中国製のもので6000円程度のものを購入しました。(下記リンクは日本製の類似品です。)


別途パウチ用の袋も販売されていますので、当初はそちらに小分けにして冷凍保存していました。

しかしある日、「これ直接シールできるんじゃ!?」と思いつき、商品の包装をそのまま機械に挟むと、見事にシールできました(あたりまえだけど)!!

現在は小分けの袋はあまり使用していませんが、アルミ素材だったり、包装を直接シールするのがうまくいかない場合は、小分けの袋を使用しましょう。

ペレットの冷凍保存 獣医さんの見解は

さて、そもそもペレットを冷凍しても大丈夫なのか、という話ですが、実は冷凍保存は獣医さんに聞いてはじめました。

行きつけの獣医さんもオカメインコを飼っておられ、ケイティのペレットをあげているとのことでした。

このケイティのペレット、かなり大容量なので

「どうやって保存していますか?」と聞いたところ、

「ジップロックに入れて空気が入らないように密閉して冷凍し、使うときはい結露を防ぐために1日冷蔵庫に入れてから瓶などの容器に入れる」という方法を教えて下さいました。

ただし、この方法はメーカーが推奨しているわけではなく、獣医さんの判断で行っているとのこと。

特に品質の低下や不具合も無いので、試してみたら、とのことでした。

その話を聞いて私も冷凍保存を真似しようと思ったのですが、ジップロックに入れるよりも、シーラーで密閉してしまったほうが安心できるので、今はそうしています。

もし、外国製のペレットを購入したいけど大容量すぎて困ってる!という方は試してみてくださいね!

とりっぴー小鳥用品専門店
¥4,498 (2024/02/21 02:29時点 | 楽天市場調べ)

コメント