小鳥のペレット、10種類以上試しておすすめはこれ!

小鳥のペレットインコ
小鳥のペレット

シードからペレットへの切り替えに奮闘している鳥飼いさんや、
今与えてるペレットとは別に、他にも食べてくれるペレットを見つけたい、という飼い主さんのために、

今回は、我が家で実際に試した小鳥用のペレットと、かかりつけ獣医さんのご意見から、おすすめのペレットをご紹介したいと思います

試していない商品は入っていないので、他にお勧めあればぜひ教えてください~!

ペレットおすすめランキング(我が家調べ)

我が家のインコの食いつき度も評価に入れた、おすすめランキングの発表です!

・・・の前に、我が家のインコズのペレットの食べ方を少し紹介させていただくと、

●セキセイインコのぴーたろう君

食への執着がすごくペレット切り替えに数年かかった経緯があり、気に入らないと食べません

セキセイインコ
セキセイインコのぴーたろう君

●オカメインコのぷーちゃん

食へのこだわりはなくペレットへの切り替えも1週間ほどで完了して割とどんなペレットでも食べてくれます

オカメインコのぷーちゃん
オカメインコのぷーちゃん

今から紹介するペレットの「食いつき度」は、すでにペレットに切り替えが完了してからの評価です。初めてペレットに切り替える場合はどのペレットでもなかなか食べてくれない可能性がありますのでご注意くださいね。

コロナやロシア侵攻などで2022年8月現在、外国製のペレットが在庫切れや入荷待ちが多く、金額も高くなってきました(泣

第1位 ハリソンアダルトタイム ファイン(またスーパーファイン)

総合おすすめ度:★★★★★
安心・安全度:★★★★★
よく食べる度:★★★★
コストパフォーマンス:★

ハリソンのペレットは獣医さんもおすすめのとても安心・安全なペレットです。

SDA(米国農務省)による厳しいガイドラインからオーガニック認証を受けた、完全有機原料のみを使った高品質な100%オーガニックペレットで、農薬、保存料、人工着色料、人工香料/甘味料を一切使用していないとのこと。

ただし、ちょっとお高めです(泣)

ぴーたろう君もぷーちゃんも、特に問題なく食べてくれています。

しばらくハリソンを与えていましたが、コロナやロシア侵攻などの世界情勢の影響で品切れなどの懸念があり(実際に品薄になり価格が高騰しました)、他にも食べることができるペレットを見つけておきたいと思った今は、あまり品薄にならない第2位で紹介するズプリームをあげています。

何をあげたら良いか迷ってる方は、ハリソンだと間違いはないと思います。

「スーパーファイン(セキセイインコなど)」、「ファイン(オカメインコなど)」のパッケージがほぼ同じなので、購入するときは気を付けてね。

第2位 ズプリーム ナチュラルブレンド

総合おすすめ度:★★★★
安心・安全度:★★★★
よく食べる度:★★★★
コストパフォーマンス:★★★
 

ハリソンよりコスパが良く、手に入れやすいため現在はこちらをあげています。

しかし容量が結構大きく(1.1kg程度)、保存は小分けにして冷凍するなど工夫が必要です。

セキセイインコ用もオカメインコも成分は同じで、我が家では2羽ともミルで挽いたものをあげているためどちらでもよく、購入時にお安い方を買っています。

成分に「砂糖」が入っているのが気になる飼い主さんもいるようです。

砂糖が気になるところではありますが、総合的にバランスは取れていると思っています。現在こちらをリピート中です。

第3位 ケイティ イグザクトナチュラル

総合おすすめ度:★★★★
安心・安全度:★★★
よく食べる度:?
コストパフォーマンス:★★

実はケイティのペレットは、我が家で試したことはないのですが・・・

獣医さんが自宅で飼われているオカメインコにあげている、ということでみなし3位にしてみました。

なぜ我が家で試していないのかというと・・・1.36kgの大容量が、ちょっと気軽に手を出せないというのが理由の1つ

オカメインコ用としては粒が小さめの2mmなので、先に紹介したズプリームのセキセイインコ用よりこちらのオカメ用の方が小さいです。

今度ペレットを買う機会があれば、試してみてもいいと思ってはいますが、昨今のコロナや世界情勢で3000円を超える価格になってきたので、食べなかったらと思うとちょっとためらわれますね・・・

¥2,880 (2023/04/21 19:42時点 | Amazon調べ)

第4位 ズプリーム フルーツブレンド

総合おすすめ度:★★★
安心・安全度:★★★
よく食べる度:★★★★★
コストパフォーマンス:★★★

ズプリームのフルーツブレンドは、見た目がカラフルで色ごとに違った香りもして、他のペレットに比べて明らかに食いつき度は良いです。

カラフルな着色料は、体外に排出されるとのことではありますが、個人的にちょっと気になります(自分だったら人口着色料全開の食べ物は食べたくない)。

獣医さんの見解では、糞の色が変わってしまい体調不良が見分けにくくなる、という点で、色付きは避けたほうがいいとのことでした。

しかしとてもよく食べるし、毎日同じ味でも飽きるかなと思い、小さいパッケージのものを購入してふりかけのように少し混ぜてあげたりしています。

このシリーズには小さいパッケージがあるので、少量買えていいです。

普段は自然の色のペレットを与えて、こちらはおやつ的にあげるのもいいかなと思います。

シードからペレットに切り替えるときになかなか食べてくれない場合、諦める前の最後の砦としてあげてみるのもありなんじゃないかと思います。

¥2,001 (2023/04/21 19:45時点 | Amazon調べ)

第5位 キラピピ(日本製)

総合おすすめ度:★★★
安心・安全度:★★★
よく食べる度:★★★
コストパフォーマンス:★★
  

キラピピは、今回のランキングでは初の日本製です。

30g、300g、600gの3種類のパックがあるのも日本製ぽくて良いです。

実はペレットの世界では、日本製より外国製の方が進んでいて、外国製の方が安心・安全なイメージがあります。

しかし、日本製のペレットは近所のホームセンターやペットショップでも扱いがあることが多く、手に入れやすかったり、世界情勢により輸入が滞る心配がありません。

なので、日本製のペレットも1つぐらい食べてくれるものを見つけたいという思いで購入してみました。

こちらは、セキセイインコのぴーたろう君は全く食べてくれませんでしたが、オカメインコのぷーちゃんは完食しました。

なぜ「キラピピ」をメインで与えていないかというと、原材料に使用されている「かしこ」というお菓子の粉(小麦粉やバターを含む)について、メーカーは安全だと主張していてもちょっと不安があるからです。(これは飼い主さんの価値観次第だとは思います。)

獣医さんも、海外製のものを食べるなら海外製の方が・・・ということだったので今は与えてはいないです。

小鳥のペレット これは食べなかった編

ペレット切り替え時にいろいろな種類のものを与えてみましたが、食べなかったペレットも紹介しておきます。

リトルバードセレクションプロ(日本製)

こちらは動物病院でも扱いがあったので、ペレットの切り替えを決断したときに最初に試してみました。

食べるには食べますが他のペレットと混ぜると後回しになります。

とにかく水を飲む量がとてつもなく増え、実際に食べてみると塩辛く感じたため中断しました。

ぴーたろう君、ぷーちゃん共に、尿酸の色が黄色っぽくなり、中断したところ元に戻りました。

獣医さんはペレットのせいではないと言われていましたが、中断したら元に戻ったのでそれ以来不安で買っていません。

日本製なので手に入れやすく、パッケージも大容量すぎないところは良いと思います。

NPF ナチュラルペットフーズ エクセルプロバードペレット(日本製)

日本製でお値段も手ごろなので食べてくれたらいいなと思ったのですが・・・

2羽とも食べてくれず、中断しました。

同じメーカーからパッケージの違う商品が種類も増えて販売されています。こちらなら食べるかも??

¥1,160 (2023/04/22 22:24時点 | Amazon調べ)

ラウディブッシュ デイリーメンテナンス

こちらは大容量パッケージではないので日本製だと思っていたら、アメリカ製でした。

ボロボロと崩れる感じの、柔らかめの形状です。

他のペレットと混ぜると後回しにされてあまり好んで食べませんでした。

糞がとても臭くなり、飲水量も増え、掃除が大変になったので中断しました。

¥699 (2023/04/22 22:26時点 | Amazon調べ)

TOPs Parrot Pellets Mini Pellets for Hookbills(ミニペレッツ)

なかなか見かけない商品です。

鳥ユーチューバーの方が、普段のペレットに1~2粒混ぜてあげたらクチバシがピカピカになったと言われていたので、見かけたときに購入してみました。

ミルで挽いて混ぜていますが・・・きれいにこのペレットだけより分けて残しています。

現在進行形でチャレンジ中ですが、食べないまま終わりそう・・・

以上、我が家で試したペレットをまとめてみましたが、いかがでしたか?

他にもおすすめのペレットがあれば、ぜひ教えてくださいね~!

コメント